TOPページ > 自動車リサイクル法

自動車リサイクル法

自動車リサイクル法について

自動車リサイクル法とは、使用済自動車の再資源化等に関する法律という使用済自動車(廃車)から出る資源をリサイクルして、有効活用するための法律の略称です。

自動車リサイクル法は、2005年1月から適用されました。
これにより、すべての自動車には廃車時に出るシュレッダーダスト(車の解体・破砕後に出るゴミ)を処理(リサイクル)する為の費用を車の所有者が負担することが義務付けられました。
※車検証の所有者欄に信販会社・ディーラー等が記載されていた場合は使用者が支払わなければいけません。

リサイクル料金の支払い時期

原則として、すべての四輪車の所有者にリサイクル料金の支払いが必要があり、これから車を購入される方だけが対象ではなく、現在車を所有されている方にも2005年1月以降に行う必要のある最初の車検や廃車の際に支払う必要があります。

負担したリサイクル料金は、自動車の販売業者や解体業者を通じ財団法人自動車リサイクル促進センターに預託管理され、自動車の所有者(又は使用者)にはリサイクル券が発行されます。
発行されたリサイクル券は、自動車の売却・廃車時に必ず必要な書類ですので、車検証等と一緒に大切に保管してください。

ネットでリサイクル料金を調べるには?

  1. 自動車リサイクル促進センターのサイト(http://www.jars.gr.jp/)にアクセスします。
  2. 画面右上の「ユーザー向けリサイクル料金等照会等」をクリックします。
  3. 車検証を参考にして、「車台番号」の下4桁・「車両区分」・「登録番号(ナンバープレートの番号)」・「エアコン・エアバッグの有無」等に記入してください。

■参考として各メーカーの代表車のリサイクル料金をまとめておりますのでご覧下さい。

※詳しくは、各メーカーのサイトをご覧下さい。

   

PageTOP ▲